美白ケアをするよりも紫外線対策をキチンと行った方が肌を白く保つことができる

美白ケアをするよりも紫外線対策をキチンと行った方が肌を白く保つことができる

白く美しい肌は多くの女性の憧れになっていますが、憧れと言う事はそれだけ美白になる事が難しいと言う事の裏返しになっています。

 

 

これは多くの方が勘違いしている事なのですが、実は美白ケアをするよりも紫外線対策をキチンと行った方が肌を白く保つことができるとされています。と言うのも紫外線から肌を守る事でシミやそばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑えることが可能になります。そうなると肌は白く生まれ変わっていきますので、結果的に美白になれます。

 

 

 

逆に紫外線を行っていない場合は、どれだけ高いお金をかけて美白ケアをしたとしても紫外線のダメージでメラニン色素が生成されてしまいます。そしてその効果的な紫外線についてですが、こちらは大きく分けて屋内と屋外で方法が変わります。まず屋内の紫外線対策ですが、これは紫外線カットされた窓ガラスや遮光カーテンがポイントになります。

 

 

物によってカット率などは違いますが、この様な加工がされていれば屋内に入り込んでくる紫外線を大幅にカットできますので何もしない時と比べてかなりの差が生じるとされています。またその様な加工されたガラスやカーテンがない場合には窓際にグリーンカーテンを作る事である程度は紫外線をカットできます。

 

 

さらに屋内に居ても日焼け止めは必要で、特に日差しが入り込んでくる場所にいる時には屋外と同じ様に日焼け止めを塗る事が重要になります。次に屋外の場合は日焼け止めを塗る事が一番の対策になりますが、この日焼け止めは何度か塗り直した方が良いとされています。汗をかいた時に流れ落ちてしまう事がありますし、水浴びなどをしたらほとんど効果がなくなってしまいます。したがって、こまめに塗り直す事が効果的とされています。そして盲点になりやすいのがサングラスで、メラニン色素は目に紫外線が入る事でも生成されます。なのでUVカットの加工がされたサングラスをかける事は有効な紫外線対策になっています。